一流のリーダーが実践している『ブレない軸を通す勉強法!』 33歳で経営・マーケティング・人事戦略コンサルティング会社を興した社長が人材育成ノウハウを無料で公開していています。
ログイン
新規登録


2017年10月18日(水) 20:24 JST

スローなリズム

スローなリズム

「短期的な効率に惑わされず、長期的視点と全体感を持って必要な手間ひまをしっかりかけることを大切にする考え方」がスローなリズムです。

viaメソッドがスローなわけ

viaメソッドは、自らにコーチングを行うセルフコーチング方式によって、知性を磨くものであって、闇雲にスキルアップや知識習得を促すものではありません。

ご飯をよく噛んで食べると、唾液に含まれる酵素によってデンプンが糖質に変化して「甘く」なり、「美味しい!」と感じるように、必要な手間をかけ日常をしっかりと振り返ることで「成長」を感じることができます。 そして、少しずつ、少しずつ「自らの器(うつわ)」を広げることで、視野も広く深くなり、吸収できることも多くなっていきます。

例えるなら、小さな雪球が雪面をゆっくり転がりながら徐々に大きくなっていくようなイメージで成長していきます。

 

スローが多様性を生む

相手の立場や社会全体、そして将来を見渡す広い視野を持つことで、世の中における自らの相対的なポジション(≒存在価値)を自覚するようになります。

そして、自分でできることは極力自分自身で行い、できないことを誰かに頼むようにすることで、お互いの「存在価値」を認め合うことになります。

そして、それが一人ひとりの「自分らしい生き方」になり、「多様性」が生まれる。 その多様性が、経済や社会や地球を持続へと導いてくれることでしょう。

一度途絶えたもの、途切れたものを再生するには、それを持続させるのに必要な時間、コスト、情熱と比べて何倍も何十倍も何百倍も必要になります。 一人ひとりが無理なく、自分らしく、持続するように工夫すれば、きっと好循環を維持した社会を実現できることでしょう。多様な一人ひとりの「好き」をつなげれば、きっとより良い社会を実現できるとこでしょう。

人ひとりの社会に与える影響力、存在価値は相当大きいものです。
人が育ち、そしてつながれば、今の閉塞感ある社会をイノベーションできると信じています。

 

| 印刷用画面

viaメソッド「3つの特長(軸)」

会員専用メニュー(一切無償)

利用規約個人情報保護方針

新規会員登録はこちら
ガイドラインのダウンロードはこちら
掲示板はこちら

バナー

ログイン





新規登録
パスワードを忘れたら