一流のリーダーが実践している『ブレない軸を通す勉強法!』 33歳で経営・マーケティング・人事戦略コンサルティング会社を興した社長が人材育成ノウハウを無料で公開していています。
ログイン
新規登録


2017年10月18日(水) 20:24 JST

成長とは?

「成長の本質とは?」と自問自答することが多い。

また、それを相手に伝えることが多いのだが、中々難しいものだ。

 

成長の本質とは、「自分からリスクを取り、それを自分の行動でクリアすること。」ではないだろうか。

では、そう定義する理由を整理してみよう。

 

「自身の存在価値・使命」を時間軸を将来方向に伸ばして考えれば、「あるやる(クリアする)しかないもの」が見えてくる。

それが「成長」である。

 

例えば、ザリガニで考えてみよう。(※近所の散歩中によく見るので。)

   自身の存在価値 = 子孫を残すこと

   そのためには、競争優位な力を身につけることが必要である。

   そのためには、体を大きくすることが有効である。

   そのために、脱皮をする必要がある。

 

ここで、「脱皮」の部分だけを断片的に切り出せば、脱皮直後は殻が柔らかく襲われたら死んでしまう。

つまり、とても大きなリスクが発生してしまう。

しかし、そもそもの部分(全体像)で考えれば、この脱皮直後の一時期さえ凌げば、

以前よりも力が付き、目的の達成に近づくのである。

更に、脱皮を拒否しても小さいがゆえに襲われたり、餌にありつけなかったり、競争に負けたり・・・。

と、仮に直ぐに死ななくとも結局は子孫を残せない。

 

こう考えると、脱皮(成長)するしかないのだ。脱皮(成長)が唯一の方法なのだ。

 

これは、個人の成長でも同様であり、企業の成長でも同様である。

 

脱皮直後の弱い時期を乗り切る体力や、場所を確保するなど、備えて脱皮すれば良いのだ。

また、備えが不十分でも生きるか死ぬかの緊張感で乗り切れば良いのだ。

 

厄介なのは、「養殖イケス」のような守られた環境、与えられる環境という自然界ではありえない環境が ありえてしまう現状だろう。

ここでは、本来の目的とは違った形で意味なく大きくなったり、必要以上に余分なものが付いてしまったり・・・。

 

なんとここではリスクと取らなくても良いのだ。

だだし、全てコントロールされているのだが・・・。

 

どちらを選ぶかは自分次第だ。

 

 

 

 

記事のオプション

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.via-method.com/trackback.php/20091023213633315

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
成長とは? | 0 件のコメント | アカウント登録
コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。

viaメソッド「3つの特長(軸)」

会員専用メニュー(一切無償)

利用規約個人情報保護方針

新規会員登録はこちら
ガイドラインのダウンロードはこちら
掲示板はこちら

バナー